今日は中里教室

中里教室を任せている蘆田Tが今日は穂波教室に、逆にいつもは穂波教室にいる私は中里教室にいました。

先週から、水曜日だけ場所をチェンジして授業することにしています。

全体的に指導が偏らないように調整するのが目的の一つ。

あとは高校生の課題管理が一つ。

あとはアクセントですね。

いずれ、両教室の生徒の様子を直接感じるのは非常に大事なことだなと思っています。

静かな教室

みんな一人で勉強する時間が長かったせいか、勉強癖があきらかに付いていて相当踏ん張りがきく印象。

本日中里教室に来た中3ですと、4時間半みっちり勉強して行きました。

しかも、複数名。

実は毎日。

みんな明るいですけど、授業中は「超」静かです。

穂波教室が静かなのは、以前から保護者の皆様にも驚かれるところだったのですが、中里教室も負けず劣らずになってきましたね。

秘訣

塾に来てから生徒を迷わせない、これが秘訣です。

だったらどうすべきなのか、どういう準備をすればいいのか、ということをどれだけ塾側が突き詰められるかに掛かっています。

生徒が来たから授業しよう、では間に合わないことをどれだけ自覚出来ているかが勝負でしょう。

そのくらい重要。

どうしても塾は授業だけクローズアップされがちなんですけどね。

一方で、何はともあれ、普通に楽しい空間も重要です。

ただ静かで、勉強だけモリモリやってる塾って味気ないでしょ?w

だから、シンプルですけど、生徒と話して一緒に盛り上がるのが一番おもしろいです。

明日は穂波教室に戻ります。