zoom特別授業終わりました

先日開催した、カラフル学舎zoom授業オンライン特別イベント「オンラインプロ」無事終わりましたー!

今回はその感想を書いてみたいと思います。

インプロの持つ可能性

インプロは日本だと即興演劇と訳されることが多いです。
欧米では伝統的にインプロが学校の授業に取り入れられていて、俳優のトレーニング法としても知られています。
最近だとその効果が注目され、多くの教育現場や企業などの研修にも導入されています。
実践的なコミュニケーション法が身に付くといったところが注目を集めているのでしょう。

カラフル学舎では、このインプロの持つ可能性に着目し、講座化を目指しています。
塾で俳優養成をしたいわけじゃないですよーw
何はともあれ表現力、表現力を身につけてもらいたいという願いから導入を目指しています。

短期的にはAO入試を目指す人や面接を考えている人等のサポートになればいいなとは思ってはいますが、長期的にはもっと根本的な部分を下支えするものとしてインプロを活用していけたらなと思っています。

無謀な挑戦!?オンラインでインプロ

そんなインプロですが、インプロをオンラインでやってみよう!という無謀な企画が今回でした。

そもそもインプロは直接対話できる場でやってこそ意味があるというのが一般的・・・・だったからです。

けど、こういう時期だからこそ!というのをやってみたくて開催させていただきました。

だから、そもそも誰もやらないので「日本初」と書いちゃいましたw

ちなみに、開催前の様子を動画にしてみました。
オンライン授業の直前ってどんな感じなんだろう?という声があったのですが、今回の様子に限らず大体こんな感じですw

スタートが13時だったので慌ててごはんを口にツッコミながら準備しています。
行儀悪くてすみません😅

講師をお願いしたのは、インプロ仙台の代表リッキーさんでした。
今回で一緒にやるのは4回目。
いつもありがとうございます!

実際どんな感じだったの?

いわゆる「オンラインプロ」は予定通り始まりました。
最初は生徒の緊張を取るワークから入り、チャットなども多用しながら場を盛り上げて行きました。

そこから徐々に強度を上げて行き、最終的には生徒同士でグループに分かれて議論し合うところまで持っていきました。

この流れは通常のインプロとあまり変わらなかったと思います。

カラフルのスタッフも参加し、ファシリテーターとして生徒の発言を促していきましたが、いろんな意見が出て面白かったです。

テーマについては、白熱しやすい内容のものをチョイス。
ただ、次回もあるのでここでは伏せさせていただきますw

イベント後の感想発表では、みんなスタート時よりしっかり感想を言えていたので、一定の手応えを感じました。

当初インプロって何?だったスタッフもインプロの持つ可能性に感心しきりだったので、塾内全体としても良かったと思っています。

オンラインプロまとめ

やはり「人前で何かを話す」というのは生徒によっては大変なようでしたが、そういう場があるとないとでは大違いです。

特にオンライン上では、発言権が誰にでもある、という特性が前面に出やすいので、通常のリアルの場よりも参加している実感を得やすいというのはあったかもしれません。

自分の意見でも大丈夫なんだ!という自信をオンラインで付けてもらってリアルに活かす、という意味では今回のオンラインプロは開催の意義はあったのではないかなと思っています。

当然、リアルの方が盛り上がるのは間違いないというのは否めませんが「インプロへの導入」としてオンライン参加はありかなという印象を強く持ちました。

インプロの裾野を広げる意味では、今後も対象を再検討し継続開催してみるのはありかもしれませんね。