生徒と話していると、将来についてみんな結構考えてるんだなと感じることが多いです。

進学や就職がどうこうというよりは、どんな風に生活したいか、といったイメージを教えてくれるケースが多いです。

では、そんな自分が描く未来を実現させるにはどんな進路があるのか聞いてみると、結構あいまい。

それは無理もないですよね。

世の中にはたくさんの職業があり、職種だけ見ても多種多様ですし。

進学するにしても、膨大な数の大学・短大・専門学校があり、自分一人で選ぶのはなかなか大変だったりします。

というわけで、どんな夢や目標でもまずは調べるところから。

いろんな仕事

世の中にはいろんな仕事がありますよね。

参考までに以下のサイトをご案内してみたいと思います。

職業から進路や就職先を考えよう‼︎

https://shinronavi.com/smart/shigoto/

進路ナビ

それにしてもたくさんありますね💦

だからこそ、気になった職種や分野があったら、やはりその道のプロにお話を聞くのがいいですよね。

というわけで、カラフル学舎でも、毎年、生徒と生徒が希望する職業の方や進学希望先の方とマッチングをしてきました。

過去の例をいくつか挙げてみますね。

  • ゲームデザイナーになりたい生徒と某大手ゲーム開発会社の方をマッチング
  • 宇宙物理学に興味があるという生徒と専門家をマッチング
  • 将来英語を使った仕事に就きたいという夢のある生徒と、それを実現し現在は起業家として活躍する方とマッチング

といった感じです。

最近だと、

  • 管理栄養士を目指している生徒と現職管理栄養士さんをマッチング(大学の研究室も紹介してもらいました)。
  • 第一志望の大学の希望学科の現役学生とマッチング(オープンキャンパスだけでは見えて来ないところを教えてもらいました)。

といった具合です。

やはり、やる気の度合いが変わってくるので、想いだけではなく、イメージをより鮮明にしてあげることが大事かなと。

でも、希望する進路に関係する人とそんな簡単に繋がれなかったりするのでは?

本当にそれはごもっともな意見です。

いつも大変!‪w

なんと言ってもここは大崎市。

小さくはない街ですが、なかなかこの街だけですべてフォローしきれなかったりします。

大崎市で見つけられなければ、友人知人や、SNSなども駆使して見つけ出します。

カラフル学舎の場合ですとオンラインも充実してるので、ネットを通じて話し合う機会を設けるなど、なんとか見つけ出す感じです。

適度な距離感

しかし、最終的には生徒自身が行動しなければ何も実現しません。

とにかくきっかけ作りはなんとでも出来ても、それを形にするのはやはり本人次第、というわけです。

とはいえ、適度に本人任せにしない距離感で、生徒と向き合うのが大切だなといつも考えています。

この秋、改めて進路についてご家族で話し合う時間があってもいいかもしれませんね。

ご相談いただければ、専門家やその道の人、志望校出身の方などお探しします。

もちろん、相手がいる話になりますので確約は出来ませんが、生徒のやる気に繋がるので頑張って探します。