ぜんけん模試の営業さんが、ひょっこり教室に現れた。

手には小包。

時間はすでに午後9時半を過ぎていた。

「夜遅くにすみません。明日台風だから、配送が止まりそうだったんで直接の方がいいと思って」

と、来て早々申し訳なさそうに謝られた。

小包の中身は、模試の問題一式とのこと。

14日(月)実施予定のものだった。

小包の中には、模試と一緒に、営業マンの男気も入っていた。

雨の中、仙台から大崎までわざわざ来た姿を見て、熱いものを感じた。

心して模試をやらねば。

学習塾は、いろいろな人に支えられながら成り立っている。