アバイン?

9月29日、大崎市内で大学生のトークイベントがありました。

主催はアバイン。

カラフル学舎の初代スタッフS君が立ち上げた学生団体です。

他にもアバインのWさんなんかも塾を手伝ってくれてました。

懐かしい・・・。

そのため、立ち上げ当時は何かしら一緒にやったり相談に乗ったりしていましたが、もう誰も知ってる人がいないw

今は社会人の方や高校生などもメンバーにいるとのこと。

大崎市発の学生トークイベント

今回、夏のSDGsのイベントでアバインさんのメンバーの方と知り合い、トークイベントの企画を聞きました。

カラフル学舎も似た感じのイベントを画策していたので、せっかくなら一緒にやりたいですね、が本当に実現しちゃった!

というわけで、ちゃっかり企画会議にも参加させていただきました。

カラフル学舎からは学生スタッフ3名参加。

最初はどうしましょうね、という雰囲気だったのですが、

「リアルな大学生の声を高校生に届けたい」

というテーマに固まってきた時、ポンと出てきたキャッチフレーズが

『学Say!』

でした。

テーマとキャッチフレーズが決まってからのアバインさんの動きは迅速でした。

打ち合わせ段階ではふわふわっとしていたものも、徐々に形になっていくので見ててすごいなと思っていました。

実際どうだったの?

そして当日。

遠くは千葉県から駆けつけてくれたというパネラーを含めて5名で開始。

カラフル学舎からは大学4年のMさんがパネラー参加。

パネラーの皆さんは、パワーポイントで準備した自己紹介を各自発表。

ラストがMさんだったので、親のような心境でドキドキしながら見守っていましたw

どの学生の皆さんも、自らの学生生活に誇りを持っていて、夢を追いかける姿に感動しました。

私はいつも思うのですが、大崎市にいると大学生に会う機会って本当に少ない・・・。

だからこそ、今回のイベントには大きな意味があったんじゃないかなと思っています。

なぜなら、大学生の声に直接触れることのできる貴重な機会だったから。

とはいうものの、みんな一生懸命告知した割には、期待した人数やメインターゲットの高校生は来なかったのですが、これは宣伝云々の話の前に、これが大崎の現状なのかもしれないと私は感じました。

実際のトークイベントはとても白熱していましたし、興味深い話もたくさん出て、想像以上にみんな地元愛に溢れていることも分かりとても盛り上がりました。

率直に、こうしたイベントが定着していかないと文化も育っていかないと考えているので、今後もカラフル学舎としては応援していけたらなと思っています。

アバインの皆さん、関係者の皆様、お疲れ様でした!